本場イタリアで最優秀賞を取ったオリーブオイル ”小豆島の農家が作ったオリーブオイル” ワールドビジネスサテライト

2018年4月13日の「ワールドビジネスサテライト」で、「本場イタリアで最優秀賞を取ったオリーブオイル ”小豆島の農家が作ったオリーブオイル”」の話題がありました。  世界遺産にも指定されているイタリア南部のアマルフィ海岸には、毎年500万人もの観光客が訪れますが、この地域の名産は、オリーブで、この地域で、毎年開かれているのが、オリーブオイルの品評会です。 今年はイタリア全土から、227の生産者が出品したそうで、専門家達が優れたオリーブオイルを選んでいました。 今回、海外勢として初めて16種類の日本のオリ... 続きを読む

「60台以上の炊飯器を試したプロが欲しい炊飯器 ”Wおどり炊き SR-SPX107-RK”」 なかい君の学スイッチ

2018年2月5日の「なかい君の学スイッチ」で、「60台以上の炊飯器を試したプロが欲しい炊飯器 ”Wおどり炊き SR-SPX107-RK”」 について説明がありました。 炊飯器を知り尽くした家電ライターで、去年発売された炊飯器の上位機種を全て試した、コヤマタカヒロさんが、今一番欲しい炊飯器は、パナソニックの「Wおどり炊き SR-SPX107-RK」だそうです。 川田裕美さんは、”Wおどり炊き SR-SPX107-RK”の何年か前の型の炊飯器を使っているそうで、サンドイッチマンの富澤たけしさんの家もSR-S... 続きを読む

テフロン加工で絶対に汚れない白パンツ ”児島のずっときれいなコットンパンツ” ワールドビジネスサテライト

2018年4月3日の「ワールドビジネスサテライト」で、「テフロン加工で絶対に汚れない白パンツ ”児島のずっときれいなコットンパンツ”」の話題がありました。  ファクトリエの絶対に汚れない白パンツ”児島のずっときれいなコットンパンツ”は、テフロン加工が施されているので、醤油をこぼしても、汚れが弾かれます。 従来の商品は、生地にテフロン加工して商品を作っていましたが、”児島のずっときれいなコットンパンツ”は、製品にしてからテフロン加工しているので、縫い目の糸や金具の部分も、しっかりテフロン加工されていて、醤油... 続きを読む

「キャベツを1ヵ月位保存する方法」 ソレダメ!あなたの常識は非常識!

2018年3月14日の「ソレダメ!?あなたの常識は非常識!?」で、「キャベツを1ヵ月位保存する方法」 について説明がありました。 キャベツを保存する時は、ラップや、新聞紙で包むのが定番ですが、普通であれば、10日も持たないと思います。 しかし、キャベツを一番外側の葉で包むと、1ヵ月位長持ちするそうで、伊藤農園で、キャベツを作る伊藤克己さんによると、キャベツの保存方法で大事なのは、水分を保つことで、それには、買ってきた状態の外葉で包むことが最適だとの事です。 新聞紙の場合は、水分を吸収してしまい、味が劣化し... 続きを読む

「レジ袋をスッキリ収納する方法」 ソレダメ!あなたの常識は非常識!

2018年3月14日の「ソレダメ!?あなたの常識は非常識!?」で、「レジ袋をスッキリ収納する方法」 について説明がありました。 レジ袋を収納する時は、針金ハンガーに掛けると、簡単に引き抜けると良いそうです。 家事アドバイザーの矢野きくのさんによると、針金ハンガーに掛けると、摩擦が軽減されるので、必要な大きさのレジ袋を、簡単に取り出す事ができるそうです。 レジ袋には、袋同士が張り付かず、滑りやすくする加工がされているので、摩擦の影響を受けず、どこから引き抜いても、簡単に取る事ができ、この方法では、サイズの大... 続きを読む

「しおれたレタスをシャキッと復活させる方法」 日本人の3割しか知らないこと

2018年3月15日の「日本人の3割しか知らないこと」で、「しおれたレタスをシャキッと復活させる方法」 について説明がありました。 武蔵野大学教育学部の橋本由愛子講師の話では、水を使わずレタスをシャキッと復活させる方法があるそうで、50℃ぐらいのお湯をボールに入れて、そこにレタスを入れることで、レタスをシャキとさせる事ができるそうです。 約50度のお湯に入れることで、気孔が開き、水分が入りやすくなるからだそうです。 ... 続きを読む

「紅茶のティーバッグは揺らしてはいけない?」 日本人の3割しか知らないこと

2018年2月22日の「日本人の3割しか知らないこと」で、「紅茶のティーバッグは揺らしてはいけない?」 について説明がありました。 紅茶のティーバッグは、揺らすと、雑味が出て、本来の味が損なわれるので、揺らさない方が良いそうです。 そして、お湯をそそぐときに、直接ティーバッグに当てる事も、揺らすのと同じで、雑味が出るので、お湯は直接かけない方が良い様です。 使い終わったティーバッグは、油汚れを落とすのに使えるそうで、アルカリ性の紅茶は、酸性の油汚れに効果的で、シンクや鍋の汚れや消臭にも効果的だそうです。 ... 続きを読む

「トマトを美味しく保存する方法」 日本人の3割しか知らないこと

2018年2月22日の「日本人の3割しか知らないこと」で、「トマトを美味しく保存する方法」 について説明がありました。 野菜ソムリエプロの高校生の森之翼君の話では、トマトは、冷蔵庫などで冷やしすぎると、味が落ちてしまうそうです。 トマトは、中南米原産の暑い地域の野菜のため、冷やしすぎると、低音障害で味が損なわれることがある様です。 しかも、味だけでなく、品質劣化や栄養価の低下を招くおそれもあるので、トマトの保存は常温が良いとの事です。 尚、トマトは、ヘタの方が固いので、ヘタを下して置くと良いそうです。 ... 続きを読む

「酸っぱいミカンを甘くする方法」 日本人の3割しか知らないこと

2018年2月22日の「日本人の3割しか知らないこと」で、「酸っぱいミカンを甘くする方法」 について説明がありました。 フルーツアカデミー代表の平野泰三さんの話では、酸っぱさのもとのクエン酸が、お湯につける事で、分解されて、酸味が消えて、甘味が増すそうです。 その為、10分ほどみかんと一緒にお風呂に入り、風呂上がりに食べるとちょうどよい甘さになるとの事です。ただ、あまり長い時間入れすぎると良くない様です。 そして、みかんの白いスジをキレイに取る方法は、ミカンを熱湯につけて、冷水に入れると、白いスジを簡単に... 続きを読む

「生(なま)しょうゆと生(き)じょうゆの違い」 この差ってなんですか?

2017年12月5日の「この差ってなんですか?」で、「生(なま)しょうゆと生(き)じょうゆの違い」 について説明がありました。 群馬県前橋市にある全国80位上のしょうゆの銘柄を取り扱っている職人醤油の高橋万太郎さんの話では、生(なま)しょうゆと、生(き)じょうゆは、しょうゆの種類としては、全くの別物だそうです。 生(なま)しょうゆと生(き)じょうゆでは、製造方法が違そうです。 もろ味は、生(なま)しょうゆも、生(き)じょうゆも同じで、これを熟成させて、しょうゆになります。 生(き)じょうゆの製造方法は、約... 続きを読む