「小間切れ肉と切り落とし肉の差は?」 この差ってなんですか?

2018年8月7日の「この差ってなんですか?」で、「小間切れ肉と切り落とし肉の差は?」 について説明がありました。 スーパーで売っているスライスされた豚肉には、見た目がほとんど同じに見える小間切れ肉と、切り落とし肉がありますが、切り落とし肉は、豚ロース、肩肉、バラ肉などの両端を切り落とし、スライスした肉のことです。 一方で、小間切れ肉は、豚ロース、肩肉、バラ肉など、色々な部位が混ざった肉だそうです。 その為、色々な部位が混ざっている小間切れ肉のラベルには、”豚”としか書かれていませんが、一つの部位しか入っ... 続きを読む

「本当に美味しいお肉の選び方」 モノシリーのとっておき

2018年3月16日の「モノシリーのとっておき」で、「本当に美味しいお肉の選び方」 について説明がありました。 全国のお肉の協会の副会長を務めた肉のエキスパートで、東京都・新橋の「肉や島田」店主の島田美太郎さんによると、お肉について話されていました。 島田精肉店 | 店舗情報 | 新橋タウン情報 新橋ねっと ●お肉のアルファベットや数字の意味 お肉のA(良い)、B(標準)、C(劣)ランクは、一頭に対して、食べられる質の良い肉の量を表していて、A5などの数字は、霜降りなどの”さし”や色など、肉質の良さを5段... 続きを読む

「容器に水が入っている豆腐と水が入っていない豆腐の違い」 この差ってなんですか?

2017年12月5日の「この差ってなんですか?」で、「容器に水が入っている豆腐と水が入っていない豆腐の違い」 について説明がありました。 豆腐を作り続けて48年、静岡県富士市にある一日12万丁もの豆腐を製造している町田食品の渡辺一真さんの話では、容器に水が入っている豆腐と、水が入っていない豆腐では、賞味期限が違うそうです。 容器に水が入っている方の賞味期限は12日で、容器に水が入っていない方の賞味期限は21日だそうで、水が入っていない豆腐の方が9日間も賞味期限が長いとの事です。 つまり、容器に水が入ってい... 続きを読む

「成城石井で得する裏ワザ 国産黒毛和牛」 ジョブチューン

2017年10月14日の「ジョブチューン」で、「成城石井で得する裏ワザ 国産黒毛和牛」 について説明がありました。 成城石井の服部吉宏さんの話では、得する裏ワザは、成城石井の精肉売り場には、国産黒毛和牛しか置いていないそうで、通常のサーロインが、100g約1500円もするそうですが、その中でも、”黒毛和牛切り落とし”であれば、100g約800円前後で購入することができるとの事です。 黒毛和牛を一頭買いしているため、切り落としの中には、ミスジなどの高級部位などが入ることもあるので、非常にお買い得だそうです。... 続きを読む

「西友の精肉が他店より安い理由」 ジョブチューン

2017年10月14日の「ジョブチューン」で、「西友の精肉が他店より安い理由」 について説明がありました。 1963年に創業した西友は、現在、日本全国に340店舗を構えるスーパーですが、そんな西友のウリは、価格の安さで、多くの商品が激安で販売されているそうですが、そんな西友に対し、多くの人が抱いている疑問は、「安いけど品質は大丈夫?」ということだそうです。 そこで番組では、西友の品質を徹底調査していました。 主婦が一番価格を気にするお肉の値段は、某大手スーパーのアメリカ産の牛ばらカルビ焼肉用の値段は、10... 続きを読む

「チーズアレルギーでも食べられる豆腐チーズ」 未来世紀ジパング ~沸騰現場の経済学~

2017年8月7日の「未来世紀ジパング ~沸騰現場の経済学~」で、「チーズアレルギーでも食べられる豆腐チーズ」 について説明がありました。 東京港区の「HATAKE」は、新鮮な野菜が売りのレストランで、いつも女性客でいっぱいだそうですが、店ではヘルシー料理が中心になっています。 「菜園風ラザニア」1,700円に使われているチーズは、チーズそっくりの擬似食で、お客さん達は、チーズでは無いことに、気づいていませんでした。 このラザニアに使われている擬似チーズの原材料は豆乳で、チーズの様なコクがあり、普通のチー... 続きを読む

「1袋のウインナーと2袋セットのウインナーの差」 この差ってなんですか?

2017年5月9日の「この差ってなんですか?」で、「1袋のウインナーと2袋セットのウインナーの差」 について説明がありました。 伊藤ハムマーケティング部の小山正浩さんの話では、2袋セットで売られているウインナーは、開封した後に、早めに食べてもらえる量に、小分けにしているそうで、1袋を開けても、もう一袋の鮮度と、風味は保たれるのが理由だそうです。 ウインナーは、袋詰めする時に、鮮度や風味を保つ為、窒素ガスを入れて、酸化を防いでいるそうです。その為、一度袋をあけると、窒素ガスが抜けてしまうと、ウインナーの鮮度... 続きを読む

「高級な肉の特売日の時は、小間切れ肉がオススメ」 ホンマでっか!?TV

2017年 2月15日の「ホンマでっか!?TV」で、「高級な肉の特売日の時は、小間切れ肉がオススメ」 について説明がありました。 節約アドバイザー和田由貴さんの話では、豚肉や、牛肉の小間肉を買う時は、高級な肉の特売日が買い時だとの事です。 理由は、豚肉や、牛肉の小間肉は、肉を成形する時にできる、切れ端を細かく切って混ぜ合わせたもので、小間切れ肉は、通常は、安い肉の部位の切り落としが入っている事が多いですが、スーパーなどで、上ロース肉などの高級な肉の特売日には、小間切れ肉に、高級肉を成形する為に出た、切れ端... 続きを読む

「普通の肉と熟成肉の差」 この差ってなんですか?

2016年11月22日の「この差ってなんですか?」で、「普通の肉と熟成肉の差」について説明がありました。 熟成肉は、一定期間寝かせて、「熟成」させたお肉ですが、最近、町中でも、熟成肉の文字をよく見かけると思います。そして、専門店以外に、スーパーなどでも売っています。 浅草つる次郎の浜田圭二さんの話では、値段は、熟成肉は、普通の肉に比べて、1.3倍から1.5倍高いそうです。熟成肉は、普通の肉に比べて、柔らかくて、美味しいとの事です。 食肉について調査研究している、静岡県富士宮市の静岡県畜産技術研究所で違いを... 続きを読む

「A5ランクの「A]は肉の質には関係ない?」 林先生が驚く初耳学!

2016年11月20日の「林先生が驚く初耳学!」で、「A5ランクの「A]は肉の質には関係ない?」 について説明がありました。 日本食肉格付協会専務理事の青島正泰さんの話では、A5ランクの「A]は肉の質には関係ないそうで、牛肉は、A1からA5、B1からB5、C1からC5まであり、世の中には、15種類あります。 そして、A・B・Cは歩留等級(ぶどまりとうきゅう)を表し、消費者には関係がなく、一頭の牛から取れる牛肉の量を示し、Aは、肉付きの良いもの、Bは、標準のもの、Cは、肉付きの悪いものを表すそうです。 1~... 続きを読む