10月2日から10月8日 今、売れている本は?  王様のブランチ ブック・ランキング

2016年10月15日の王様のブランチで、10月2日から10月8日までの期間で、八重洲ブックセンター本店の「文芸書ランキングTOP10」が紹介されていました。

●1位 「人間の煩悩」 著者:佐藤 愛子
御年92歳、直木賞作家の名言集、これまで、佐藤さんが書いてきた、小説やエッセイ約50作品の中から、心に刺さる珠玉の言葉を抜粋
人間の煩悩 [ 佐藤愛子(作家) ]

●2位 「手のひらの京」 著者:綿矢 りさ
芥川賞作家 綿矢 りささんの最新作、京都出身の著者が描く、三姉妹の成長。
手のひらの京 [ 綿矢 りさ ]

●3位 「九十歳。何がめでたい」 著者:佐藤 愛子
大正12年生まれの佐藤 愛子さん、直木賞作家の痛快エッセイ集、御年92歳、もはや満身創痍ヘトヘトで、しぼり出した怒りの書。 
わずか2ヶ月で、20万部突破!
九十歳。何がめでたい【電子書籍】[ 佐藤愛子 ]

●4位 「呉越春秋 湖底の城 第七巻」 著者:宮城谷 昌光
直木賞作家、宮城谷 昌光さんの人気シリーズで、中国 春秋戦国時代に功績を残した、謎多き男、范蠡、彼の生き様にせまる歴史小説最新作です。
呉越春秋 湖底の城 第七巻 [ 宮城谷 昌光 ]

●5位 「総司の夢」 著者:小松 エメル
幕末最強の剣士、新撰組 沖田総司の一代記。
著者の小松 エメルさんは、中学生の頃から、新撰組が大好きな、若手時代小説家で、デビュー作の「一鬼夜行」シリーズは、
累計25万部突破。更に、2014年に発売した、「夢の燈影」では、新撰組の中でも、無名隊士を描く新撰組愛で、多くのファンを獲得しました。
総司の夢 [ 小松 エメル ]

●6位 「最悪の将軍」 著者:朝井 まかて
最悪の将軍 [ 朝井 まかて ]

●7位 「去就 隠蔽捜査6」 著者:今野 敏
【送料無料】 去就 隠蔽捜査 6 / 今野敏 コンノビン 【単行本】

●8位 「津軽双花」 著者:葉室 麟
津軽双花【電子書籍】[ 葉室麟 ]

●9位 「コンビニ人間」 著者:村田 沙耶香
発売直後から重版決定!芥川賞受賞作 37万部突破
36歳独身の古倉恵子 コンビニでバイトを続ける事18年目、子供の頃から周囲と馴染めなかった恵子は、マニアルのあるコンビニの仕事だけに、自分の居場所を見つけていた。
コンビニ人間【電子書籍】[ 村田沙耶香 ]

●10位 「孤篷のひと」 著者:葉室 麟
孤篷のひと【電子書籍】[ 葉室 麟 ]

イトーヨーカドーのネット通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)