美味しいスイカの見分け方は?

2016年7月30日の「ジョブチューン 農家&漁師SP」で、美味しいスイカの見分け方についての説明がありました。

高級「でんすけすいか」農家の舟山賢治さんの話では、スイカを美味しく食べるために、絶対にやってはいけないことは、
買った後、数日間、寝かせる事だそうです。スイカは、桃やメロンと違って、一番美味しい時期に収穫するので、収穫後は、熟さないので、痛む一方だそうで、できる限り早く食べるのがオススメだそうです。

置いておいた方が、甘みが増すと思っている人も多いと思うが、あまり意味のない事だそうです。

スーパーで売られているスイカに空洞があるかどうか調べる方法は、叩いて、高い音がする方が、空洞が小さいそうです。
美味しいスイカは、ヘタの部分が、黄緑色で水々しく、少し凹んでいる。カットしたスイカを買う場合は、赤い実と皮の部分の境目がくっきりとしている物を買うと完熟した甘いスイカだそうです。

「でんすけすいか」の場合は、全て、シリアルナンバーがついており、厳しい品質検査を通過したものだけが出荷されるので、一玉5,000円から2万円で取引されるとの事でした。

イトーヨーカドーのネット通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)