日立がロボット掃除機市場に参入 ワールドビジネスサテライト

2016年10月17日の「ワールドビジネスサテライト 」で、「日立がロボット掃除機市場に参入」の話題がありました。 

日立アプライアンスはロボット掃除機市場に参入すると発表しました。日立アプライアンスが、11月19日に発売する「minimaru(ミニマル)」は、想定価格が10万8000円前後で、最大の特長は、コンパクトさで、本体の幅は25センチで、競合メーカーに比べ、5センチから10センチ程小さい大きさになっています。

椅子の足の間をスイスイ通れるなど、狭い場所の掃除が可能です。又、高さ9.2センチで、ソファーの下も楽々掃除ができます。

日立アプライアンスの話では、ロボット掃除機市場は、この5年で、2.3倍に急拡大しており、今後の販売競争が、一段と厳しくなる様です。

日立アプライアンス遠藤真志さんのの話では、最後発なので、他社と違う構造を入れる必要があり、それが出来上がったそうです。

RV-DX1-N【税込】 日立 ロボット掃除機 シャンパンゴールド 【掃除機】HITACHI minimaru(ミニマル) [RVDX1N]【返品種別A】【送料無料】【RCP】

イトーヨーカドーのネット通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)