帽子用遮熱シート ”シャネボウ” ワールドビジネスサテライト

2019年5月15日の「ワールドビジネスサテライト」で、「帽子用遮熱シート ”シャネボウ”」の話題がありました。 

太陽からの熱は、帽子をかぶる事で、一部は反射するのですが、ほとんど帽子の中に入ってきていて、頭を温めてしまうとの事ですが、帽子用遮熱シート ”シャネボウ”を、帽子に入れると、帽子をすり抜けてきた熱を、98%反射してくれるそうです。

この、帽子用遮熱シート ”シャネボウ”を作ったのは日本遮熱で、”シャネボウ”は、花の形をした一枚のシートになっています。

この”シャネボウ”と、普通の帽子を比べる為に、ヒーターを使って温度を計測してみると、普通の帽子は、2分30秒で、60度を超えていましたが、”シャネボウ”を入れた帽子は、ほとんど上がず、30度近くの違いがあったそうです。

日本遮熱の福島輝行さんによると、高校野球を見ていて、暑そうにしている観客を見て、”シャネボウ”を思いついたとの事です。

”シャネボウ”は、帽子だけでなく、ヘルメットにも装着できるそうで、外で働く人達でも使える様です。

見た目は、保冷バッグの素材と似ていますが、保冷バッグの素材とは、全然違う素材だそうで、保冷バッグの素材を帽子に入れても、効果は出ない様です。

●アマゾン
シャネボウ

[WBS]ワールドビジネスサテライト:テレビ東京

イトーヨーカドーのネット通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)