巨大化するハロウィン(ハロウィーン)市場の裏側

2016年9月8日の「ワールドビジネスサテライト」で、巨大化するハロウィン(ハロウィーン)市場の裏側の話題が紹介されていました。

ハロウィン(ハロウィーン)推計市場規模は、2015年には、1,220億円になり、この5年間で2倍以上になっています。2016年は、バレンタインを上回って、1,340億円以上になる可能性があるそうです。

コニシ ボンド裁ほう上手 45gは、かなり協力で、ハロウィーンで、コスプレが流行していて、既存商品にオリジナリティを出すということで、簡単に接着ができる「ボンド裁ほう上手」が売れそうだそうです。

日本ホームパーティー協会によると、今年は室内で楽しむハロウィーンパーティーが、増えると予測しているそうで、クッションなどに簡単に接着できるボンド裁ほう上手が、編み物や縫い物が苦手な、若い女性に人気だそうです。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

コニシ ボンド裁ほう上手 45g
価格:560円(税込、送料無料) (2016/9/19時点)

アマゾンでは、10月から12月まで、在庫が足りなくなると思うので、確保をお願いしているそうです。ここ数年ハロウィーン商品の売り上げは、毎年1.5倍で伸びていて、出来合いのコスチュームを着て、雰囲気を楽しむだけでなく、本格的に、作り込む、こだわりを持った、楽しみ方が、女性を中心に広がっているそうです。
アマゾン ハロウィーンストアー

いわゆるDIY女子が増えている事で、人気となっている商品は、グルーガンで、樹脂を熱で溶かして、接着する道具の事で、これを使って、飾り付けをする商品に、リーズなどをつけていきます。そうすることにより、オリジナルの飾り付けを作る事が可能です。

食品スーパーのいなげやに今月から登場したのが、ハロウィーン専用コーナーで、普段はハロウィーンなどの商品は、置いていないが、扱う雑貨は、100種類を超えているそうです。スーパーでのハロウィーングッツも出だしは好調の様です。ちょっとグロテスクではあるが、顔や腕に付けて楽しむ、BODY STICKERやボディペイントなども売っています。

スーパーでも販売を開始したハロウィーングッツで、人気を集めているのが、仮想のメイクが簡単にできる、ボディーペイント用の絵の具で、
容器から絵の具を出して、指で、塗ったり、付属のペンで描く事ができます。ハロウィーンの人気と伴に、売り上げは右肩上で、今年は、更に伸びると期待されています。

絵が苦手な人向けに、別売りの型紙があり、それを使えば、綺麗にボディーペイントを作ることができます。

更に、今年は、ハロウィーンに欠かせないゾンビメイク用の新商品も登場しました、そえれが「バイオハザード 立体傷メイクセット」で、立体的なゾンビメイクをすることが可能です。所要時間は、20分位で完成します。そして、水もクレンジングクリームもいらず、手で剥がす事ができます。
バイオハザード立体傷メイクセット

イトーヨーカドーのネット通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)