スーパーフード 世界一受けたい授業

2016年5月7日に放送された世界一受けたい授業でスーパーフードについて取り上げられていました。

今回の先生は、管理栄養士 神戸女子大学准教授 坂元美子先生でした。

●スーパーフードとは?

スーパーフードとは、まだきちんと定義されたものではなく、一般的な食品に比べて、健康成分を豊富に含んだ食品の総称です。

・水につけたらおよそ10倍に膨らむチアシード、チアシードは、大さじ一杯でレタス1個分とほど同量の食物繊維を摂取することができるスーパーフード。
・そばも血管を若く保つルチンを多く含むスーパーフード。
・パセリは、栄養価が高いほうれん草と比較しても、鉄分はおよそ4倍、カルシウムはおよそ6倍、ビタミンCはおよそ3倍、非常に健康成分が豊富なスーパーフード。

●ダルス(海藻)
アメリカで注目されている、老化予防が期待されるスーパーフードは、ダルス(海藻)で、ダルスは、北大西洋や北太平洋に自生し、北欧諸国で昔から食べられていた海藻。
細胞の老化を予防したり、動脈硬化を予防する抗酸化物質が非常に豊富に含まれており、今大注目だそうです。
しかし、注目されているのは、成分だけでなく、ダルスを油で焼いて、塩をかけると、ベーコンの味になるそうです。
ベーコンは、食べ過ぎると、動脈硬化を進めてしまう可能性がありますが、ダルスは逆に動脈硬化を予防する効果があるので、スーパーフードで、最近は、日本でも研究開発が進められている様です。

●アマランサス
ダイエットが期待できるスーパーフードは、紀元前4000年ごろから古代メキシコ人によって栽培されていたといわれる、中米原産の穀物アマランサスは、アマランサスは、ミネラルが多く含まれているのですが、その他にも、食物繊維が非常に多く、レタスのおよそ7倍も含まれている。
この豊富な食物繊維により、体脂肪を増えにくくします。
お米1合につき、アマランサスを大さじ一杯入れるだけで、ダイエットが期待できるそうです。

●タイガーナッツ
貧血予防が期待できるスーパーフードは、スペインで大人気のスーパーフードで、古代エジプトでも貴重な栄養食だったと言われるタイガーナッツは、ナッツという名前が付いていますが、実際にはナッツではなく、塊茎と呼ばれるジャガイモの仲間で、カヤツリグサの茎が土の中で膨らんだものなのです。
タイガーナッツは、貧血予防の鉄分や、血圧を正常に保つカリウムが多く含まれているスーパーフードです。
海外では、昔から食べられてきたものですが、スペインでは、飲み物で取るのが伝統的な飲み方で、日本でもタイガーナッツミルクと呼ばれてて、ビタミンCが多く含まれるフルーツと一緒に食べると、タイガーナッツに含まれる鉄分の吸収力がアップします。

タイガーナッツミルクの作り方は、
1.タイガーナッツ50gを水に浸して一晩おく。
2.翌日水を切って、新しい水200mlと一緒に滑らかになるまでミキサーにかけます。
3.最後にガーゼでこしたら完成です。

果物や蜂蜜と一緒に、スムージーにするのもおすすめです。

●ゴールデンベリー
ペルー原産のゴールデンベリーは、貧血を予防する鉄分を多く含んでいる。更に、血液をサラサラにするビタミンEが多く含まれている。
ゴールデンベリーは、ベリーの一種ではなく、ほおずきの仲間です。
日本では観賞用によく見れれるが、ゴールデンベリーは、食用のほおずきです。

20代男性のドロドロだった血液が、ドライフルーツにしたゴールデンベリー20粒と、牛乳200mlをミキサーにかけジュースを、1日2回2日間飲んだところ、ドロドロだった血液が、2日後サラサラになっていました。
理由は、ビタミンEが毛細血管を広げて、血液を流れやすくする。更に、血液自体の老化を予防して、サラサラな血を作ってくれる。

●2つの食材を組み合わせてスーパーフードに変身
トマトに多く含まれるビタミンCと、アボカド多く含まれるビタミンEを一緒に食べる事で、お互いの持つ老化予防効果を高めあう事ができます。

●ひと手間加えてスーパーフードに変身
栄養価の高いぬか漬けに玉ねぎを漬けにすると、スーパーフードのような効果を発揮する。
ぬかには、集中力アップにつながるビタミンB1が豊富に含まれており、玉ねぎをつけることで、ぬかのビタミンB1が玉ねぎに浸透し、もともと玉ねぎに含まれる硫化アリルと合わさって、よりビタミンB1の吸収力を高める。
ビタミンB1が多く含まれているぬか漬けは、ビタミンB1が吸収されるために3~4時間かかるので、集中したいときの3~4時間前に食べておくと良い。

イトーヨーカドーのネット通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)