「美味しいピーマンを見分ける方法」 日本人の3割しか知らないこと

2017年6月15日の「日本人の3割しか知らないこと」で、「美味しいピーマンを見分ける方法」 について説明がありました。

野菜ソムリエプロの高校生の森之翼君の話では、今の時期が旬の美味しいピーマンを見分ける方法は、クキが太いものを選ぶと良いそうで、クキが太いピーマンは、力強くぶら下がっていたので、生命力があり、葉っぱから、栄養を沢山吸収している証拠だそうです。

そして、肩がきゅっと盛り上がっているのも良いそうで、もう一つは、持った時にふかふかしているものではなく、しっかりと、ハリがあるものを選ぶと良いそうです。

カラフルなピーマンとパプリカの違いは、カラフルな黄色や赤のピーマンは、緑色のピーマンが熟したもので、熟したものは苦味が少なくて甘いので、子供達にもオススメだそうです。
尚、パプリカはピーマンとは別の種類だとの事です。

イトーヨーカドーのネット通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)