「甘いみかんはヘタをみればわかる?」 ソレダメ!あなたの常識は非常識!

2017年1月11日の「ソレダメ!?あなたの常識は非常識!?」で、「甘いみかんはヘタをみればわかる?」 について説明がありました。

みかんは、ヘタが小さいみかんの方が甘いそうで、これは、実がなっている場所に関係があり、みかんは、日光がたくさん当たる方が、味が濃くて美味しいものができるそうで、みかんの木は、外側に向けて、枝が長く、細くなっていくので、細い枝になるみかんの方が、太陽をたくさん浴びて甘くなるそうです。

●甘いミカンの形
尚、みかんのお尻の皮がボコボコのものは、とっても美味しいみかんだそうで、菊ミカンと呼ばれていて、水分が少なく、皮がボコボコで、太陽の光をよく浴びていて、糖分が高いそうです。

●箱詰めミカンを長く保存する方法
箱詰めミカンを保存する方法は、箱を逆さにして保存する事がよいそうで、箱に詰められたミカンは、スーパーなどに納品されるまで、ずっと同じ状態で保存されているので、下のミカンは、上のミカンの重みを支え続ける為、早く傷んでしまいます。その為、箱でミカンを保存する時は、箱を逆さにして、下にあったミカンから食べた方が良いとの事です。

●酸っぱいみかんを、甘くする方法
酸っぱいみかんを、甘くする方法は、AISSY株式会社の鈴木隆一代表の話では、スーパーなどで買った時に、10分間ママチャリのカゴに入れて家に帰ると、甘くなるそうで、理由は、ミカンに刺激を与えると言うことで、刺激によって破壊された細胞を、修復する為に、クエン酸を消費して、酸味が減り、甘味が増すそうです。

●旬のミカンを、美味しく食べる方法 
東京神楽坂にある炭火焼き専門店kemuri神楽坂の梅本優二店長のオススメは、みかんを皮ごと焼いて食べる事で、トースターを使って、15分焼きます。
ミカンは、焼くことで甘さと香ばしさが増すそうです。

イトーヨーカドーのネット通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)