「トーストを美味しく食べる方法」 林先生が驚く初耳学!

2017年8月20日の「林先生が驚く初耳学!」で、「トーストを美味しく食べる方法」 について説明がありました。

トーストを作る時に、何気なく、食パンをトースターに入れていると思いますが、トースターの焼き方には、パンを入れる正しい向きがあるそうで、間違った向きで焼くと、トーストの美味しさが台無しになってしまうそうです。

トースターにパンを入れる時は、パンの下側を奥に入れると、美味しく焼けるそうです。

パンは、上と下で、密度が違い、上は、生地の密度が小さく、下は、生地の密度が大きいそうで、奥の温度が高い所に、パンの下側を置いて、手前の温度が下がる場所に、パンの上側を置いた方が、全体として、ムラがなく焼けるので、美味しくなるそうです。

万が一、パンを袋から出してしまい、上と下がわからなくなってしまった場合には、パンの上と下を見分ける方法があります。

ポイントは、パンの耳で、一見同じ様に見える食パンですが、食パンの上の耳は、ツルツルでキレイですが、食パンの下は、耳がザラザラしているそうです。

イトーヨーカドーのネット通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)