「スーパーで、日本製品を見分ける方法」 日本人の3割しか知らないこと

2016年11月10日の「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」で、「スーパーで、日本製品を見分ける方法」について説明がありました。

バーコードを見れば、日本製品だと誰でもわかるそうで、見るのはバーコードの左側の2~3桁で、アメリカが左側の2桁が00から13まで、イギリスが左側の2桁が50、タイは、左側の3桁が885で、中国が左側の2桁が69となり、日本の場合は、左側の2桁が45か、49となっているそうで、海外で日本企業のものが欲しい時にも利用できます。

また、スーパーなどのお店が独自に貼っているバーコードを見れば、下一桁を除いた数字に、お店独自の肉や、魚の値段情報が入っていることがあるため、特売となった時に、差額からお得度がわかる事もあるそうです。

例えば、下4桁が、5002の場合には、商品価格は、500円で、もし、特売価格が400円であれば、100円安くなった事がわかるそうです。

イトーヨーカドーのネット通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)