「海苔の等級は、味と全く関係がない?」 林先生が驚く初耳学!

2017年2月12日の「林先生が驚く初耳学!」で、「海苔の等級は、味と全く関係がない?」 について説明がありました。 海苔には、7等から優等までの等級があり、ランク付けされていますが、優等が一袋10枚入り1,500円位に対して、4等は、一袋10枚入り400円位だそうです。 等級は、価格の違いに影響してきますが、海苔の等級は、味と全く関係がないそうで、海苔の等級を決めるのは、味ではなく、見た目だそうです。海苔の等級付けは、全国統一の基準はないが、黒褐色が濃く、光沢のある海苔は、等級が上がるそうです。更に、欠... 続きを読む

「スーパーの刺身は、盛り合わせより一点盛りを!!」 林先生が驚く初耳学!

2017年1月15日の「林先生が驚く初耳学!」で、「スーパーの刺身は、盛り合わせより一点盛りを!!」 について説明がありました。 一点盛りと、盛り合わせの違いは、食品表示法によれば、一点盛りは生鮮食品で、盛り合わせは加工食品に分類されるので、生鮮食品(一点盛り)の扱いになると、産地や養殖か天然かなど厳密に表示しなければなりませんが、盛り合わせは加工食品に分類されるので、詳細を表示する必要がないので、多少古かろうが、いろんな物が混ざっていても、見極めがつかなくなってしまうそうです。 東京教育研究所主任研究員... 続きを読む

ポイントがザクザク貯まるクレジットカード8選


「おししいズワイガニの見分け方」 日本人の3割しか知らないこと

2016年12月8日の「日本人の3割しか知らないこと」で、「おししいズワイガニの見分け方」について説明がありました。 ズワイガニは、甲羅が黒いツブツブがついていれば、ついている程(つまり甲羅が汚いカニ)、美味しいそうで、理由は、黒いツブツブが沢山付いているのは、 カニが脱皮する前のもので、カニが脱皮してしまうと、体力を使うので、痩せてしまって、身が少なくなってしまうそうです。その為、甲羅の汚れは、脱皮から時間が経ち、身が詰まっている可能性がある証拠だそうです。 ... 続きを読む

「買ってきたイクラが天然か人工か見分ける方法」 日本人の3割しか知らないこと

2016年11月10日の「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」で、「買ってきたイクラが天然か人工か見分ける方法」について説明がありました。 買ってきたイクラが天然か人工か見分ける方法は、何粒か取り出して、お湯をかけることで簡単に見分けられるそうで、天然物のイクラは、主にタンパク質なので、タンパク質が溶けて、お湯が白く濁るりますが、人工的に作ったものは濁らないそうです。 ... 続きを読む

「秋鮭」「銀鮭」「紅鮭」の差 この差ってなんですか?

2016年11月1日の「この差ってなんですか?」で、 「秋鮭」「銀鮭」「紅鮭」の差について説明がありました。 王子サーモン 銀座店専務の浅倉徳司さんの話では、「秋鮭」「銀鮭」「紅鮭」の差は、鮭の種類の違いだそうです。 ●秋鮭 主に、北海道・東北地方の近海に生息し、青や紫のストライプ模様が特徴で、正式名は白鮭です。 秋に獲れたことから、この時期「秋鮭」と呼ばれていますが、春から夏にかけて獲れるモノは「トキシラズ」と呼ばれています。 お歳暮などで贈られる「新巻鮭」は「秋鮭」を塩漬けして作られたものです。 ●銀... 続きを読む

「サンマの鮮度確認方法」 日本人の3割しか知らないこと

2016年10月20日の「日本人の3割しか知らないこと」で、「サンマの鮮度確認方法」について説明がありました。 サンマは、口の先がより黄色いと、鮮度が良いと言われますが、サンマは、持つだけで鮮度がわかるそうで、魚は、死ぬと、筋肉を動かす物質が減っていくので、尾を持って縦にして、角度を見ると、鮮度がわかるそうで、約45度の場合は、新鮮なので、お刺身でも食べられますが、約120度位までの場合は、焼き魚にした方が良いそうで、そして、ペタンとなる場合は、捨てた方が良いそうです。 サンマは、塩を振っただけで、そのま... 続きを読む

「美味しいサバの見極め方」 ソレダメ!?あなたの常識は非常識!?

2016年9月21日の「ソレダメ!?あなたの常識は非常識!?」で、「美味しいサバの見極め方」 について説明がありました。 スーパーで売っている美味しいサバの見極め方は、横から見た時に、表面やヒレが黄色がかっている事で、黄色が濃いサバほど、脂が乗っていて美味しいそうです。そして、サバは、小さいものより、大きい物の方が、脂が乗り、美味しいそうです。 新鮮な切り身を見分ける方法は、新鮮なサバほど、断面がピンクがかっていて、時間が経ったサバは、黒くなっていくそうです。 ■サバを美味しく食べる調理法 取れたての松輪... 続きを読む

「マグロの美味しさを見分ける方法」 日本人の3割しか知らないこと

2016年11月10日の「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」で、「マグロの美味しさを見分ける方法」について説明がありました。 マグロの切り方を見ただけで、おいしいマグロを判断できるそうでプロが買いたいマグロは、スジが平行になっているもので、できれば避けたいマグロは、スジの間隔が狭かったり、半円形の物は、食べた時に、口の中にスジが残ってしまうそうです。 ... 続きを読む

スーパー・イオンの鮮魚売り場の秘密 ジョブチューン 

2016年9月10日に「ジョブチューンの6月4日」の再放送があり、スーパー・イオンの話題がありました。 全国におよそ500店舗を抱える業界No.1スーパー・イオン!! イオンの鮮魚売り場は、安心安全環境配慮をモットーに、最大70種類250品目の魚介を扱っています。 イオンリテール水産企画部長の松本金蔵さんの話では、鮮魚売り場で、一番新鮮な魚が買える時間は、朝一番ではなく、午後1時頃です。 一番新鮮な魚が買える時間は、朝一番ではなく、午後1時の理由は、鮮魚コーナーでは、その日の朝に穫れた魚を、販売する朝獲れ... 続きを読む

知って得する鮭の新常識スペシャル ソレダメ!?あなたの常識は非常識!??

2016年9月14日の「ソレダメ!?あなたの常識は非常識!??」で、知って得する鮭の新常識スペシャルの話題がありました。 魚屋シュン大橋清彦さんの話では、私達が日頃食べている鮭には、銀鮭、紅鮭、白鮭、アトランティックサーモン、キングサーモンがあり、銀鮭は、値段が手頃で、おにぎりの具に最適です。紅鮭は、身が厚く、塩焼きに向いている。アトランティックサーモンは、寿司ネタや、ステーキに使われる高級種で、秋鮭は、秋の時期に、収穫される白鮭です。 鮭の切り身を選ぶポイントは、形で、鮭の切り身は、部位によって、形が違... 続きを読む