「新鮮で美味しいオクラの見分け方」 日本人の3割しか知らないこと

2017年8月24日の「日本人の3割しか知らないこと」で、「新鮮で美味しいオクラの見分け方」 について説明がありました。 野菜ソムリエプロで高校生の森之翼君の話では、オクラは、うぶ毛がある方が新鮮で良い商品だそうで、もし、食べる時に、うぶ毛が苦手な方は、塩をまぶして、まな板の上で転がす事で、うぶ毛が取れるそうです。 もし、オクラを刻んで食べるのであれば、ネバネバの成分は、ペクチンなどの食物繊維なので、その食物繊維を沢山摂る方法は、切ったオクラに水を加える事で、水を加えると、水溶性の食物繊維が、水に溶け出て... 続きを読む

「新鮮で美味しいレタスの見分け方」 日本人の3割しか知らないこと

2017年8月24日の「日本人の3割しか知らないこと」で、「新鮮で美味しいレタスの見分け方」 について説明がありました。 野菜ソムリエプロで高校生の森之翼君の話では、レタスは芯の太さが10円玉位で、芯の位置が中心にある物が良いそうで、芯の位置が偏っていると、成長が偏ってしまっている可能性があるそうです。 そして、重さは、持った時に、キャベツとは逆で、ふんわり軽いものの方が良いそうです。また、切ってあるレタスは、巻き目を見る事ができるので、ゆるく、葉がぎっしりと、詰まっていない物が良く、芯の高さは、低いもの... 続きを読む

ポイントがザクザク貯まるクレジットカード8選


「トウモロコシのヒゲで、甘さや実の多さがわかる?」 日本人の3割しか知らないこと

2017年8月24日の「日本人の3割しか知らないこと」で、「トウモロコシのヒゲで、甘さや実の多さがわかる?」 について説明がありました。 野菜ソムリエプロで高校生の森之翼君の話では、トウモロコシのヒゲの数が多いほど、実の数も多いそうで、もし、皮ごと買うなら、ヒゲが茶色い方が、熟れている証だそうです。 ... 続きを読む

「美味しいトマトの見分け方」 日本人の3割しか知らないこと

2017年8月24日の「日本人の3割しか知らないこと」で、「美味しいトマトの見分け方」 について説明がありました。 野菜ソムリエプロで高校生の森之翼君の話では、あまりスーパーでは売っていないそうですが、トマトの表面に縫い目の様に、皮が汚くなってしまったトマトは、水を少なくして育てられた証拠なので、甘いことが多いそうです。 ... 続きを読む

「ニンジンの皮はむかなくていい?」 日本人の3割しか知らないこと

2017年8月24日の「日本人の3割しか知らないこと」で、「ニンジンの皮はむかなくていい?」 について説明がありました。 野菜ソムリエプロで高校生の森之翼君の話では、スーパーなどに並んでいるニンジンは、出荷時の洗浄で、表面の皮はむけているので、 家庭でピーラーなどを使って剥くと、もったいないそうです。 その為、軽く汚れを落とす程度で良いそうです。 ... 続きを読む

「ブドウ皮を超簡単に剥く方法」 ソレダメ!あなたの常識は非常識!

2017年6月7日の「ソレダメ!?あなたの常識は非常識!?」で、「ブドウ皮を超簡単に剥く方法」 について説明がありました。 ブドウを食べる時に、一つ一つ皮を剥くのは、非常に面倒で、手も汚れますが、ブドウはお湯に入れるとカンタンに皮がむけるそうで、フルーツの達人で、フルーツアカデミー代表の平野泰三さんの話では、沸騰したお湯の中に、30秒から60秒位入れると、超簡単に、ブドウの皮が剥ける様になるそうで、30秒程度なら、味も栄養もほとんど変わらないそうです。 沸騰したお湯の中で、果肉が膨張するので、自然と皮が割... 続きを読む

「パプリカは色で栄養価が変わる?」 林先生が驚く初耳学!

2017年7月2日の「林先生が驚く初耳学!」で、「パプリカは色で栄養価が変わる?」 について説明がありました。 パプリカは、ナス科のトウガラシ属の植物で、トウガラシの仲間ですが、含まれているカプサイシンは、劣性遺伝子なので、あまり辛くはないそうで、パプリカは色(黄色、オレンジ色、赤色)で栄養価が変わるそうです。 ●黄色のパプリカ 黄色のパプリカには、ビタミンC(美肌効果)、ルティン(抗酸化作用)などの栄養素が、含まれていてます。 ●オレンジ色のパプリカ オレンジ色のパプリカには、ゼアキサンチン(目を紫外線... 続きを読む

「美味しいピーマンを見分ける方法」 日本人の3割しか知らないこと

2017年6月15日の「日本人の3割しか知らないこと」で、「美味しいピーマンを見分ける方法」 について説明がありました。 野菜ソムリエプロの高校生の森之翼君の話では、今の時期が旬の美味しいピーマンを見分ける方法は、クキが太いものを選ぶと良いそうで、クキが太いピーマンは、力強くぶら下がっていたので、生命力があり、葉っぱから、栄養を沢山吸収している証拠だそうです。 そして、肩がきゅっと盛り上がっているのも良いそうで、もう一つは、持った時にふかふかしているものではなく、しっかりと、ハリがあるものを選ぶと良いそう... 続きを読む

「美味しいキノコ類を見分ける方法」 日本人の3割しか知らないこと

2017年6月15日の「日本人の3割しか知らないこと」で、「美味しいキノコ類を見分ける方法」 について説明がありました。 キノコ類は、袋入りで売れれている事が多いと思いますが、外側から見分ける事ができるそうです。 ●シイタケ 美味しいシイタケを見分ける方法は、カサが閉じていて、裏側に膜があるようなものの方が美味しいとの事です。 ●ぶなしめじ 美味しいぶなしめじを見分ける方法は、古いものは、水分が出て、変色する事が多いので、軸の部分が変色していない白っぽいもので、カサの色は逆に、濃い方が良いそうです。 袋に... 続きを読む

「より甘いグレープフルーツを見分ける方法」 この差ってなんですか?

2017年3月21日の「この差ってなんですか?」で、「より甘いグレープフルーツを見分ける方法」 について説明がありました。 観音山フルーツガーデンで、フルーツクリエイターの小倉優一郎さんの話では、より甘いのは丸いグレープフルーツで、実際に計測すると、丸い方の糖度が11.8で、頭の尖ったほうは、9.8と、丸い方の糖度が高かく、甘いそうです。 グレープフルーツが形により、甘さの違いが生まれる理由は、枝にあるそうで、実は、グレープフルーツや、柑橘類は、同じ木の中に、役割の異なる2種類の枝があるそうです。1つは、... 続きを読む