「酸っぱいミカンを甘くする方法」 日本人の3割しか知らないこと

2018年2月22日の「日本人の3割しか知らないこと」で、「酸っぱいミカンを甘くする方法」 について説明がありました。 フルーツアカデミー代表の平野泰三さんの話では、酸っぱさのもとのクエン酸が、お湯につける事で、分解されて、酸味が消えて、甘味が増すそうです。 その為、10分ほどみかんと一緒にお風呂に入り、風呂上がりに食べるとちょうどよい甘さになるとの事です。ただ、あまり長い時間入れすぎると良くない様です。 そして、みかんの白いスジをキレイに取る方法は、ミカンを熱湯につけて、冷水に入れると、白いスジを簡単に... 続きを読む

「桃を最高な状態で食べる方法」 ソレダメ!あなたの常識は非常識!

2017年9月27日の「ソレダメ!?あなたの常識は非常識!?」で、「桃を最高な状態で食べる方法」 について説明がありました。 桃は冷蔵庫で冷やすのではなく、食べる直前に氷水で冷やすと、もっと美味しくなるそうです。 フルーツアドバイザーの平野泰三さんの話では、桃は冷蔵庫で保存すると、冷やし過ぎてしまい、人の味覚、臭覚が鈍り、せっかくの甘みや香りを感じなくなる様です。 その為、桃は、食べる直前に、15分間氷水に入れて、冷やすと、外側がキンキンに冷えて、中は常温状態となり、外側のひんやりとした清涼感とともに、中... 続きを読む

「箱詰めのみかんを長く保存する方法」 ジョブチューン

2017年12月9日の「ジョブチューン」で、「箱詰めのみかんを長く保存する方法」について説明がありました。 アメ横の中心部にお店を構える、ニューフルーツは、創業50年の老舗でカットフルーツ発祥の店だそうですが、取締役の西浦友規さんの話では、スーパーでは、ネットに入った袋詰よりも、箱詰めのほうが安く買えるそうです。 しかしながら、みかんを普通に置いておくと、10日位しかもたないので、箱詰めの場合は、腐らせてしまう事が多いのが、悩みだと思いますが、その箱詰めのみかんを、1.5倍から2倍ほど長持ちさせる方法があ... 続きを読む

「美味しい玉ねぎを選ぶ方法」 日本人の3割しか知らないこと

2017年10月5日の「日本人の3割しか知らないこと」で、「美味しい玉ねぎを選ぶ方法」 について説明がありました。 野菜ソムリエプロの高校生の森之翼君の話では、玉ねぎの形が細長いもの(卵型)は、成長途中で収穫されてしまった物なので美味しくなそうで、茎が太いものも、葉に栄養が取られて、甘みが少ないとの事です。 その為、茎が細くて、丸いものが美味しい玉ねぎだそうで、大きさが大きくても、茎が細ければ、美味しい様です。 ... 続きを読む

「美味しいジャガイモを選ぶ方法」 日本人の3割しか知らないこと

2017年10月5日の「日本人の3割しか知らないこと」で、「美味しいジャガイモを選ぶ方法」 について説明がありました。 野菜ソムリエプロの高校生の森之翼君の話では、ジャガイモを見分けるポイントの1つ目は、大きさで、ジャガイモは大きいと、味も大味になるので、お得だと思っても、大きいジャガイモは選ばない方が良いそうです。 緑色になってしまったジャガイモは、土から出て、太陽に当たってしまった証拠で、太陽に当たってしまうと、害虫から身を守るために、ソラニンと言う毒素が含まれている可能性があるそうです。 美味しいジ... 続きを読む

「栄養価が高いほうれん草の見分け方」 世界一受けたい授業

2017年10月21日の「世界一受けたい授業」で、「栄養価が高いほうれん草の見分け方」 について説明がありました。 女子栄養大学の白野浩子先生の話では、ほうれん草の場合は、色鮮やかで、葉の色が濃い方が栄養価が高いと思われがちですが、薄い方のが栄養価が高いそうで、植物には、クチクラ層という、乾燥や病害から守る葉の表面を覆う層があり、このクチクラ層がしっかりあると、葉が白く薄い色になるそうです。 ところが、窒素を含む化学肥料を大量に使って育った野菜は、クチクラ層が形成されにくいので、本来の薄い緑が、濃い緑に変... 続きを読む

「黄桃が缶詰しかない理由」 この差ってなんですか?

2017年9月12日の「この差ってなんですか?」で、「黄桃が缶詰しかない理由」 について説明がありました。 スーパーに行くと、白桃の缶詰と、黄桃の缶詰がありますが、果物売り場で売っているのは白桃だけで、黄桃はありません。 千葉大学環境健康フィールド科学センター助教の三輪正幸先生の話では、白桃は生で食べても柔らかく美味しい品種が多いそうですが、黄桃はゴム質と言われるほど肉質が硬くて、生で食べても美味しくないので、黄桃は缶詰でしか売っていないそうです。 黄桃は日本では、生で食べる文化が、ほとんどないので、黄桃... 続きを読む

「枝豆の旨味が増す方法」 ソレダメ!あなたの常識は非常識!

2017年8月2日の「ソレダメ!?あなたの常識は非常識!?」で、「枝豆の旨味が増す方法」 について説明がありました。 枝豆には、オルニチンと言う成分が含まれていて、オルニチンは、疲労回復を助けて、夏バテ予防に効果的があるそうですが、茹でてしてまうと、枝豆本来の味が失われてしまうそうです。 その為、枝豆は、蒸し焼きにすると旨味が増すそうで、管理栄養士の伊達友美さんの話では、茹でると、旨味や栄養素が、茹で汁に溶け出してしまうので、蒸し焼きをすると、枝豆の中に、その成分を閉じ込める事ができるとの事です。 ●枝豆... 続きを読む

「桃の本当の美味しさを味わう方法」 ソレダメ!あなたの常識は非常識!

2017年9月27日の「ソレダメ!?あなたの常識は非常識!?」で、「桃の本当の美味しさを味わう方法」 について説明がありました。 桃は通常冷蔵庫で冷やして食べますが、これでは、桃の本当の美味しさを味わっていないそうで、食べる直前に、15分氷水で冷やすと、外はキンキンに冷えて、中は常温状態となり、甘味や香りが感じられて、もっと美味しくなるそうです。 フルーツアドバイザーの平野泰三さんの話では、桃は冷やしすぎると味覚・臭覚が鈍り、せっかくの甘みや香りを感じなくなってしまうとの事です。 ... 続きを読む

「バナナの腐りにくい置き方」 日本人の3割しか知らないこと

2017年9月28日の「日本人の3割しか知らないこと」で、「バナナの腐りにくい置き方」 について説明がありました。 武蔵野大学教育学部の橋本由愛子講師の話では、バナナは、接地面積が多いと、触れている部分が変色しやすく、傷みやすいので、裏返しておくことで、接地面積が減り、腐りにくくなるそうです。 また、バナナは、数本が同じ袋に入って売られている事もありますが、その袋に入れたまま、常温で保存すると、エチレンガスが出て、周りのバナナの熟成を早めてしまうので、1本ずつラップをして、冷蔵庫の野菜室で保存すると、長持... 続きを読む