「棒アイスを食べる時はアイス側から開ける?」 ソレダメ!あなたの常識は非常識!

2017年7月19日の「ソレダメ!?あなたの常識は非常識!?」で、「棒アイスを食べる時はアイス側から開ける?」 について説明がありました。 ガリガリ君の販売メーカーの赤城乳業の船木恵介さんの話では、棒アイスを食べる時は、下の棒の方から開封するよりも、もっと良い食べ方があり、それは、アイス側から開けて袋を持てば、手が汚れないそうです。 アイスを押し出して、袋の上から棒を持てば、溶けたアイスは袋の中へ入るので、手を汚す事無くアイスを食べる事ができます。 ... 続きを読む

「家庭用のかき氷機で、フワフワのかき氷を作る方法」 この差ってなんですか?

2017年8月22日の「この差ってなんですか?」で、「家庭用のかき氷機で、フワフワのかき氷を作る方法」 について説明がありました。 お祭りなどで食べる屋台のかき氷は、ジャリジャリしていますが、今、雑誌などで特集されていてる話題のかき氷は、フワフワしています。 かき氷カフェバー イエロ(KAKIGORI CAFE&BAR yelo)は、ふわふわかき氷の火付け役と言われているそうですが、かき氷カフェバー イエロ広報の内田姫野さんの話では、全く同じ氷で、フワフワのかき氷と、ジャリジャリのかき氷を作る事... 続きを読む

ポイントがザクザク貯まるクレジットカード8選


家でお手軽にクールスイーツランキング ワールドビジネスサテライト

2017年8月8日の「ワールドビジネスサテライト」で、「家でお手軽にクールスイーツランキング」の話題がありました。  東京渋谷の渋谷ロフトでは、クールスイーツメーカーが約50種類並んでいるそうですが、そのクールスイーツメーカーの3月から6月の売れ筋ランキングが紹介されていました。 1位ドウシシャ 「電動ふわふわとろ雪かき氷器」 「電動ふわふわとろ雪かき氷器」は、台湾風かき氷が、できる機械で、台湾風かき氷は、果物や、チョコレートのシロップなどを、凍らせて作るクールスイーツですが、この様な糖分を含む氷は、柔ら... 続きを読む

「本格派のBean to barチョコレート ”明治 ザ・チョコレート” 」 林先生が驚く初耳学!

2017年6月4日の「林先生が驚く初耳学!」で、「本格派のBean to barチョコレート ”明治 ザ・チョコレート”」 について説明がありました。 これまで、生チョコや、ローチョコなど、様々なトレンドが生まれてきたチョコレートですが、今年トレンドは、本格派だそうです。 東京蔵前にあるチョコレート専門店の「ダンデライオン・チョコレート ファクトリー&カフェ蔵前」は、アメリカサンフランシスコに本店を構えるこのお店のチョコレートが、本格派と話題になっているそうで、その理由は、「Bean to bar製法」で... 続きを読む

「美味しいソフトクリームの見分け方」 林先生が驚く初耳学!

2017年6月4日の「林先生が驚く初耳学!」で、「美味しいソフトクリームの見分け方」 について説明がありました。 ソフトクリームを食べる時に、気になるのが、直ぐに溶けてしまうクリームで、手に付くとベトベトになり、急いで食べる事になり、あまり味わえずに食べてしまう事も多いと思いますが、溶けやすいソフトクリームは、美味しい証拠だそうです。 溶けないソフトクリームには、安定剤・乳化剤が入っているそうです。 日本のアイスクリームには、アイスクリーム(乳固形分が15%以上で、乳脂肪分が8%以上)、アイスミルク(乳固... 続きを読む

「モチクリーム 絶対真似できないスイーツ」 林先生が驚く初耳学!

2017年5月21日の「林先生が驚く初耳学!」で、「絶対真似できないスイーツのモチクリーム」 について説明がありました。 韓国では、スイーツが直ぐにパクられて、海外ブランドのお店が潰れてしまっているそうですが、日本のモチクリームは、スイーツの墓場と言われる韓国で、10年以上も人気のスイーツだそうで、一ヶ月に10万個以上販売しているそうです。 モチクリームは、和菓子の定番の大福を冷やし、その中に、クリームやチョコを入れたスイーツだそうです。 モチクリームには、韓国では決してマネできない、日本の技術があるから... 続きを読む

「パンやスイーツに隠された数学」 林先生が驚く初耳学!

2017年3月19日の「林先生が驚く初耳学!」で、「パンやスイーツに隠された数学」 について説明がありました。 パンやスイーツに隠された数学があるそうで、「ブランジェリー エ カフェ マンマーノ」「VIRON」「PAUL」のクロワッサンには共通点があり、ブランジェリー エ カフェ マンマーノのグランドシェフの毛利将人さんの話では、一番サクサクになりやすいので、全て27層でできているとの事で、雑誌のグルメ特集で、24層、27層、144層、576層などと書かれていますが、この中途半端な数字には意味があり、クロ... 続きを読む

「川口春奈さんが選ぶ手土産 アップルパイ」 林先生が驚く初耳学!

2017年2月12日の「林先生が驚く初耳学!」で、「川口春奈さんが選ぶ手土産 アップルパイ」 について説明がありました。 川口春奈さんの手土産としてよく持っていかれるのは、東京の表参道にあるアップルパイの専門店のGRANNY SMITH APPLE PIE&COFFEE青山店のアップルパイで、3年前のオープン以来、今も行列が絶えないお店ですが、売られているアップルパイは、毎日お店で作られる手作りのアップルパイです。 GRANNY SMITH APPLE PIE & COFFEE アーモンドクリー... 続きを読む

「すぐ硬くなる餅と柔らかいまま大福の差」 この差ってなんですか?

2017年1月10日の「この差ってなんですか?」で、「すぐ硬くなる餅と柔らかいまま大福の差」 について説明がありました。 普通のお餅は、時間がたつと、すぐに硬くなりますが、同じもち米から作っているのに、大福は柔らかいままな理由は、昭和25年創業の塩大福が有名な亀屋朝道の山崎朝治さんの話では、大福は、生地が薄いから、柔らかいと思っている方もいると思いますが、大福は砂糖が入っているから柔らかいそうです。 大福の作り方を見てみると、蒸した餅をつくまでは、普通の餅と同じですが、その後、餅の量の3割ほどの砂糖を入れ... 続きを読む

「1年中売られているお菓子と冬季限定お菓子の差」 この差ってなんですか?

2017年1月10日の「この差ってなんですか?」で、「1年中売られているお菓子と冬季限定お菓子の差」 について説明がありました。 この時期に、コンビニなどに行くと、よく見かけるのが、冬季限定のチョコレートですが、春夏秋には無いのに、冬にだけ期間限定のチョコレートが売られている理由は、1992年発売開始の冬季限定チョコレート メルティーキッスなどを販売している明治の菓子マーケティング部マーケティンググループの船山慶さんの話では、冬季限定チョコレート メルティーキッスと、年間販売のチョコレートでは、溶ける温度... 続きを読む