鮮やかなピンク色のチョコレート ”サブリム ルビー”  ワールドビジネスサテライト

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年1月18日の「ワールドビジネスサテライト」で、「鮮やかなピンク色のチョコレート ”サブリム ルビー”」の話題がありました。 

チョコレートは、カカオ分が多く含まれているダークチョコレート、牛乳を入れたミルクチョコレート、そして、ココアバターを使用したホワイトチョコレートの3種類に分かれるそうですが、今年は色々なチョコレートが登場している様です。

1月18日に、ネスレ日本が発表したのが、新しいキットカットの”ルビーチョコレート”で、キットカットが出す高級ラインナップの新商品”サブリム ルビー”は、鮮やかなピンク色をしています。

”サブリム ルビー”は、スイスのチョコレートメーカーのバリー・カレボーが開発したルビーチョコレートを使用していて、従来の色付きのチョコレートは、ホワイトチョコレートに、着色料や、フリーズドライの果実などを混ぜて作っていますが、この”サブリム ルビー”は、他の素材を混ぜる事なく、赤みがかったカカオのみを使うことで、天然のピンク色を出しているとの事です。

味は、ベリーのような風味が特徴で、ネスレ日本は、バリー・カレボーとの間で、半年間の独占販売契約を締結して、今、このルビーチョコレートが食べられるのはキットカットだけだそうです。

【数量限定】キットカット ショコラトリー サブリム バレンタインアソート 5本【VD1801】

[WBS]ワールドビジネスサテライト:テレビ東京


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)