白ごはんと相性バッチリTOP3の缶詰 林先生が驚く初耳学

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年8月28日の「林先生が驚く初耳学」で、白ごはんと相性バッチリTOP3の缶詰が紹介されていました。

1,500種類以上の缶詰を食べた、“缶詰クイーン”のタカイチカさんが、ご飯の最強のお供TOP3を紹介していました。

第1位:アジアン味缶詰 ガパオ&タンドリーチキン どちらも216円

タカイチカさんの話では、科学的に計算し、尽くされた完璧な辛さがだそうで、その美味しさの秘密は、出来上がって出荷する時に、一番美味しいという物を、すごく研究していて、缶詰の加熱調理では、熱によって、辛さが損なわれてしまう特徴がありますが、アジアン味缶詰は、本場の味よりも、かなり辛く味付けして作っているのです。そうすると、缶詰が完成した時に、ご飯に合う、ちょうど良い辛さになるのです。

第2位 天の橋立オイルサーディン 515円

森公美子さんも、常備していると言われていました。天の橋立のオイルサーディンの油は、普通のオイルサーディンと、使っている油が違うのです。

天の橋立のオイルサーディンの美味しさの秘密は、綿実油という、すごくあっさりしたオイルに、漬けられているからで、この綿実油とは、綿の実を搾った植物油で、120年の歴史を誇る、日本唯一の搾油メーカー岡村製油から仕入れた一品。パンに合うオリーブオイルとは違い、ご飯に合う和風の味わいこそが、おいしさの秘密です。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

竹中缶詰 天の橋立 オイルサーディン
価格:486円(税込、送料別) (2016/9/12時点)

第3位 東坡肉の豚の角煮 419円

タカイチカさんは、角煮こそ、缶詰で食べるべき一品だと断言できる理由があるそうで、豚の角煮缶の美味しさの秘密は、家で作ると、豚肉の中まで、味を染み込ませるのに、時間と手間がかかりますが、しかし、缶詰がそれを一気に解決。

保存食である缶詰は、殺菌を目的として、材料と調味料を缶の中に入れて、密封した状態で加熱しますが、これが一石二鳥。缶詰の調理工程だからこそ、分厚い豚のばら肉にも、しっかり味が染み込み、おいしく仕上がるのです。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

極洋 キョクヨー 東坡肉 豚の角煮160g缶
価格:431円(税込、送料別) (2016/9/12時点)

■缶詰には、食べごろの旬がある?

現在日本には、約800種類の缶詰がありますが、そのすべての缶詰には、食べごろの旬があるそうです。

●みかん缶の旬は、出荷直後

みかんなどのフルーツ缶詰は、果物の旬の時期に作られるので、長い間保管しておくと、シロップの甘みがミカンに移り、フレッシュさが味わえません。しかも柑橘類の缶詰の内側には、錫が塗られており、長期保存すると金属臭がすることもあるそうです。

●コンビーフの旬は、3ヶ月後

お肉に、塩味が馴染むのは、時間がかかります。コンビーフは、あらかじめ、缶に入れる直前に、牛肉と調味料を混ぜ合わせ調理を終えてから、缶に詰めます。缶の中でゆっくりと味が馴染むので、製造から3か月後が一番美味しいそうです。

●スイートコーンの旬は、1年後

スイートコーンは、薄めの食塩水につかっています。これは、スイカに塩を振ると甘く感じるのと同じ原理で、塩気がコーンに染みこむほど、甘みが増すので、製造から1年後が、甘くて一番美味しい状態になります。

ほかにもサバ缶や桃は半年後、ツナ缶、オイルサーディンは1年後で、缶詰によって、それぞれ、食べごろは違うのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)