最も美味しいピーマンの見分け方は?

2016年7月30日の「ジョブチューン特別編 超一流農家漁師ぶっちゃけ傑作選」で、美味しいピーマンの見分け方についての説明がありました。

40年間ピーマン農家の原秀吉さんと範子さんの夫婦の話では、最も美味しい状態のピーマンは、色が真っ赤なもので、緑のピーマンが約2ヶ月すると、完熟して、赤いピーマンになるので、赤くなったら、5日位で、柔らかくなって、美味しくなくなるので、流通には向かないそうです。

ピーマンは、完熟すると、糖度が8度近くあり、イチゴと同じ位フルーツの様に甘くなり、栄養も高くなるそうで、ビタミンCが緑のピーマンの約2倍で、レモンの1.5倍以上になるそうです。尚、赤ピーマンは、甘さを感じてもらいたいので、そのまま食べる方が良いそうです。

直射日光などで、緑が濃くなったピーマンは、苦いので、本当に美味しいピーマンは、薄緑の若竹色のピーマンだそうです。

普通のピーマンは、ヘタの所が五角形なのですが、栄養状態が良いと、六角形になる。栄養状態が良くて、健康だと、花びらが6枚になり、花びらの数で、ヘタが六角形になるので、六角形の方が美味しいという証拠となる。

ピーマンは、切らないで、丸焼きで、そのまま食べるのが一番美味しいそうで、焼くと甘みが出てくるそうです。鰹節かけて、お醤油をかけて、種ごと食べるのがおすすめだそうです。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

赤ピーマン (3〜5個入り)
価格:216円(税込、送料別) (2016/7/31時点)

イトーヨーカドーのネット通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)