日本酒と、料理酒の違い この差って何ですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年7月17日の「この差って何ですか?」で、日本酒と、料理酒の違いについて説明がありました。

日の出みりんの大西康幸さんの話では、日本酒と、料理酒の違いは、食塩が入っているか、入っていないかの違いで、料理酒に食塩を入れているのは、販売価格を抑えるためで、お酒の価格の中には、酒税という税金が含まれていますが、料理酒は、食塩を約2%入れることにより、お酒の扱いにはならず、酒税の対象外になり、安くなります。

日の出みりんが出しているお酒を比べてみると、お酒の品質はほとんどかわりませんが、清酒播州錦1.8リットルは、900円で、純米料理酒は、1.8リットルで、680円です。料理酒に入っている食塩2%は、海水とほぼおなじ割合になっているそうです。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【清酒】キング醸造 播州錦佳撰 1800mlパック
価格:760円(税込、送料別) (2016/9/2時点)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)