フルーツで収穫するタイミングが違う? 林先生が驚く初耳学

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年9月11日の「林先生が驚く初耳学」で、「フルーツで収穫するタイミングが違う?」との話題がありました。

木の上でしっかり熟してから収穫するのが、いちご、すいか、みかん、オレンジ、グレープフルーツ、レモン、りんご、なし、ぶどうで、収穫してから熟させるのが、メロン、バナナ、キウイフルーツ、パイナップル、マンゴーです。

その為、メロン、バナナ、キウイフルーツ、パイナップル、マンゴーは、追熟が必要となります。追熟とは、収穫してから完熟させることで、つまり、収穫した時は、美味しいわけではない。その後、追熟させることで、酸味が抜け、甘味が強く感じられるようになる。追熟前のメロンを食べると、スイカのヘタの様な味がするそうです。

追熟のさせ方は、冷蔵庫には、入れずに、直射日光の当たらない場所で、常温保存(20度位)にするとよいそうです。冷やして食べたい時は、食べる3から4時間前に冷蔵庫に入れると良いそうです。

食べ物の見極め方は、メロンは、ツルが片一方だけ、しなびてきたら食べごろです。キウイフルーツは、触ってちょっと弾力がでてきたら食べごろです。

果物の扱いかた:農林水産省

ポイントがザクザク貯まるクレジットカード8選


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)