ゾゾスーツをゾゾタウンの会員ユーザーに無料配布 ワールドビジネスサテライト

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年11月22日の「ワールドビジネスサテライト」で、「ゾゾスーツをゾゾタウンの会員ユーザーに無料配布」の話題がありました。 

11月22日に、ファッション通販サイト「ゾゾタウン」を運営するスタートトゥデイは、ゾゾスーツ(ZOZOSUIT)を無料で配布する新たなサービスを発表したそうです。

このゾゾスーツ(ZOZOSUIT)は、ウェットスーツのように全身を包み込み、内臓された伸縮センサーで、全身1万5000ヵ所を、瞬時に計測することができるそうです。

そして、ゾゾスーツ(ZOZOSUIT)は、スマートフォンのアプリと連動して、データを保存し、自分の体にあった商品の検索などに役立てるなど、機能を更に充実させる狙いもあるとの事です。

スタートトゥデイは、ゾゾスーツ(ZOZOSUIT)をゾゾタウンの会員ユーザーに無料配布しています。既に、23万以上の予約注文が入っているそうです。

スタートトゥデイは、新たに立ち上げるプライベートブランドの”ZOZO”でもゾゾスーツ(ZOZOSUIT)活用し、ファッションECの課題である服のサイズの不安を解消し、「究極のフィット感」の提供を目指すとの事です。

【ZOZOSUIT】服が人に合わせる時代へ – ZOZOTOWN

[WBS]ワールドビジネスサテライト:テレビ東京

ポイントがザクザク貯まるクレジットカード8選


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)