スーパーで買ってきた刺し身を美味しくする方法 得する人損する人

2018年2月1日の「得する人損する人」で、「スーパーで買ってきた刺し身を美味しくする方法」の話題がありました。 

余ったお刺身をどうにかしてくれる料理人として、お笑いコンビアンジャッシュの渡部建さんが紹介したのが、魚の女神、「銀座 割烹 智映」の北山智映さんで、「銀座 割烹 智映」は、魚本来の良さを最大限に引き出す調理法にこだわり続け、ミシュランと並び、影響力を持つと言われるフランス発のレストランガイド「ゴ・エ・ミヨ」に2年連続掲載中だそうです。現在は、2ヶ月先まで予約が埋まっているそうです。

スーパーで買ってきた刺し身は、放置すると魚の臭みが出てくるので、冷蔵庫に入れる前に、買ってきたらすぐにボールに入れて洗い、キッチンペーパーで包み、水気を取る事で、魚の生臭さがなくなって、美味しくなるそうです。

更に、水洗いしたお刺身を、ステップアップする方法は、日本酒小さじ1、塩2つまみを刺し身にかけて、軽く揉み、余分な水分をキッチンペーパーで吸い取ります。

お酒と塩をまとわせる事で、塩で、魚の持っているうま味を引き出して、お酒で丸くする事ができるそうです。
この方法が、魚の存在感が一番出る料理だとの事です。

マグロ、ブリなど、どんな魚にも使えるそうですが、イカ刺し、カニのむき身は、水っぽくなるのでNGだそうです。

イトーヨーカドーのネット通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)