クラフトジンの売り上げランキング ワールドビジネスサテライト

2017年8月3日の「ワールドビジネスサテライト」で、「クラフトジンの売り上げランキング」の話題がありました。 

東京文京区の高級スーパー成城石井 東京ドームラクーア店で、今年に入り、売り場を広げているのがクラフトジンだそうです。

クラフトジンは、マティーニなどのカクテルに使われているジンとは違い、香りづけに、ボタニカルと言うものを使っていて、その土地の個性を生かした素材を使い、オリジナリティあふれるジンになっているとの事です。ボタニカルとは、植物性の材料で、クラフトジンは、このボタニカルの違いによって、作り手が、個性を競い合っているそうです。

成城石井では、扱うジンを二倍の50種類に増やしていて、売り上げも2割から、3割増えているそうです。

成城石井の6月1日から6月30日までの期間のクラフトジンの販売金額ランキングは下記の通りです。

1位 ヘンドリックス ジン 44度
ヘンドリックス ジン 44度は、きゅうりとバラの花びらを使い、香りが華やかで、ジン初心者でも飲みやすくなっているとの事です。
ヘンドリクス(ヘンドリックス) ジン 41.4度 並行 700ml あす楽

2位 季の美 (きのび) 京都ドライジン
国産として唯一ランクインした季の美 (きのび) 京都ドライジンは、作っているのは、京都市内にある日本初のジン専門の蒸留所です。
季の美のボタニカルは、和の素材である、ゆずや山椒など11種類を使用しているそうで、これを、性質毎に、6つのグループに分け、別々に蒸留しているとの事です。
季の美 (きのび) 京都ドライジン 箱付き 45度 700ml

3位 アンガヴァ・カナディアン・プレミアム・ジン
カナダのアンガヴァ・カナディアン・プレミアム・ジンは、ジンとしては珍しい鮮やかな黄色が特徴です。
アンガヴァ カナディアン プレミアム ジン 43.1度 1000ml

4位 モンキー47ジン
47種類のボタニカルを使った、複雑な味と香りが特徴で、これに白ワインビネガーの酸味を加えることで、いっそうその味わいが引き立つそうです。
モンキー 47 ジン (※並行品) 47度 500ml

5位 ザ・ボタニスト
ザ・ボタニスト 46度 700ml

6位 No.3 ロンドンドライ・ジン
No.3 ロンドンドライ・ジン 700ml 【RCP】

7位 シップスミス・ロンドンドライジン
クラフトジンの先駆けです。
シップスミス・ロンドンドライジン 41.6度 700ml 正規輸入品

8位 ジーヴァイン・フロレゾン
ぶどうを使ったジンです。
ジーヴァイン ジン フロレゾン 40度 正規 700ml あす楽

9位 ジーヴァイン・ノエゾン
ぶどうを使ったジンです。
ジーヴァイン ジン ノエゾン 43.9度 700ml あす楽

10位 グランドコントロール APPLE
傾いたビンのデザインとなっています。

イトーヨーカドーのネット通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)