「60台以上の炊飯器を試したプロが欲しい炊飯器 ”Wおどり炊き SR-SPX107-RK”」 なかい君の学スイッチ

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年2月5日の「なかい君の学スイッチ」で、「60台以上の炊飯器を試したプロが欲しい炊飯器 ”Wおどり炊き SR-SPX107-RK”」 について説明がありました。

炊飯器を知り尽くした家電ライターで、去年発売された炊飯器の上位機種を全て試した、コヤマタカヒロさんが、今一番欲しい炊飯器は、パナソニックの「Wおどり炊き SR-SPX107-RK」だそうです。

川田裕美さんは、”Wおどり炊き SR-SPX107-RK”の何年か前の型の炊飯器を使っているそうで、サンドイッチマンの富澤たけしさんの家もSR-SPX106を使っているそうです。

コヤマタカヒロさんのおすすめポイントは、圧力のかけ方や、火力の調整で、様々な食感や、かたさに炊き分けできる「銀シャリ10種類炊き分け」機能や、日本国内で栽培されている知られていない銘柄も含めて、50銘柄まで対応する機能(50銘柄炊き分けコンシェルジュ)もあるので、珍しいお米を購入しても、そのお米のポテンシャルを活かした炊き分けができる事だそうです。

尚、Wおどり炊きの意味は、圧力と火力をかけて、米をおどらせて炊く機能だそうです。

通常の炊飯器の保温機能は、炊飯器に熱がこもって、ご飯が固くなったり、色が付き、臭くなってしまう事もありますが、”Wおどり炊き SR-SPX107-RK”は、「スチーム保温機能」を使って、スチームを噴射して、溶け出した旨味をコーティングする機能があるので、12時間経っても、炊きたてのご飯と、ほとんど遜色なかったそうです。

早炊き機能も付いていて、通常40分から50分かかるところを、20分位で炊く事ができるそうで、通常の炊き方と比べると、若干味は落ちるそうですが、言わないとわからないレベルだそうです。

●楽天
SR-SPX107-RK パナソニック スチーム&可変圧力IHジャー炊飯器(5.5合炊き) ルージュブラック Panasonic [SRSPX107RK]【返品種別A】

●アマゾン
パナソニック 5.5合 炊飯器 圧力IH式 Wおどり炊き ルージュブラック SR-SPX107-RK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)