「賞味期限が短い水と賞味期限が長い水の差」 この差ってなんですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年11月14日の「この差ってなんですか?」で、「賞味期限が短い水と賞味期限が長い水の差」 について説明がありました。

賞味期限が短い2年の水と、賞味期限が長い5年の水の差を、山梨県富士吉田市の富士ミネラルウォーターアクアワークスで、工場長の上野忍さんに確認していました。

ペットボトルの水を作る工程は、富士山2合目の標高850m付近の地下から組み上げた水を、120℃まで加熱し殺菌します。そして、加熱殺菌した水を、ペットボトルへ入れます。
賞味期限が短い2年の水も、賞味期限が長い5年の水も、製造工程は全く同じですが、その差は、使うペットボトルによるものだそうです。

賞味期限2年のペットボトルの厚みは、0.31ミリで、賞味期限5年のペットボトルは、厚さが0.34ミリでした。その為、賞味期限が長い水の方が、わずか0.03ミリ厚い事がわかったそうです。

ペットボトルが厚いと、賞味期限が長くなる理由は、ペットボトルには、目には見えない細かい穴が空いていて、その穴から、水が蒸発して、中身が減ってくるそうです。

ペットボトルの水が減ると、計量法という法律にひっかかり、500mlのボトルの場合は、中身が、2%より多く減ると、その商品を販売できなくなってしまうそうです。

その為、薄いペットボトルは、2年経つと2%より多く減ってしまい、販売できないとの事ですが、富士ミネラルウォーターアクアワークスでは、6年3ヶ月後まで調査をしたそうですが、中身の品質は全く問題がなかった様です。ただ、保管状態により、品質が変わるので、賞味期限内に飲んだ方が良いそうです。

ミネラルウォーター 500ml 48本 富士の恵み天然水「Mt.Fuji」500ml 24本(2箱) 水 500ml 48本 送料無料 水 500ml 国産 軟水 ミネラルウォーター 500ml バナジウム天然水 天然水 48本 備蓄用 保存 災害用 ペットボトル 保存水 ケース 防災セット 家族 02P01Oct16

保存水 5年 送料無料 北アルプスの保存水 2L×6本 熱中症対策 非常用 水 緊急災害時用 賞味期限5年半の長期保存 備蓄用 災害用 断水 水分補給 長期保存水 非常災害備蓄用 避難用品 防災グッズ 【D】【KB】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)