「良いスーパーを見分ける方法」 ジョブチューン

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月14日の「ジョブチューン」で、「良いスーパーを見分ける方法」 について説明がありました。

20社のスーパーでアドバイザーを務めるスーパーアドバイザーの今野保さんが、良いスーパーを見分ける方法について説明していましたが、良いスーパーを見分ける方法は、チーズコーナーと鮮魚コーナーを見るとわかるそうです。

●チーズ編
チーズは、賞味期限が短い物から、長い物まであり、管理が難しい商品で、特に一番上の段のチーズは、あまり売れない商品が多いので、一番上の段のチーズの賞味期限に余裕のあるチーズが置いてあるお店は、良いスーパーだそうです。

逆に、一番上の段に、賞味期限ギリギリのチーズがあるお店は、要注意だそうです。

●鮮魚編
良いスーパーは、お頭付きの鮮魚が多く置いているスーパーは、魚の知識が豊富で、魚をさばく技術も高い場合が多く、
お客さんに、料理メニューの提案もできるそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)