「海苔の等級は、味と全く関係がない?」 林先生が驚く初耳学!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年2月12日の「林先生が驚く初耳学!」で、「海苔の等級は、味と全く関係がない?」 について説明がありました。

海苔には、7等から優等までの等級があり、ランク付けされていますが、優等が一袋10枚入り1,500円位に対して、4等は、一袋10枚入り400円位だそうです。

等級は、価格の違いに影響してきますが、海苔の等級は、味と全く関係がないそうで、海苔の等級を決めるのは、味ではなく、見た目だそうです。海苔の等級付けは、全国統一の基準はないが、黒褐色が濃く、光沢のある海苔は、等級が上がるそうです。更に、欠けや穴が無いものは高くなります。

そして、等級の低い海苔は、等級が低くても、味は確かなので、ふりかけ等に使用されるそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)