「本格派のBean to barチョコレート ”明治 ザ・チョコレート” 」 林先生が驚く初耳学!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年6月4日の「林先生が驚く初耳学!」で、「本格派のBean to barチョコレート ”明治 ザ・チョコレート”」 について説明がありました。

これまで、生チョコや、ローチョコなど、様々なトレンドが生まれてきたチョコレートですが、今年トレンドは、本格派だそうです。

東京蔵前にあるチョコレート専門店の「ダンデライオン・チョコレート ファクトリー&カフェ蔵前」は、アメリカサンフランシスコに本店を構えるこのお店のチョコレートが、本格派と話題になっているそうで、その理由は、「Bean to bar製法」で、「Bean to bar製法」とは、カカオ豆から、チョコになるまでの製造工程を、一貫して行う製法で、土壌や天候により、できる豆が違うので、その土地の豆の味に合わせて、個性のあるチョコレートを作っているそうです。

Dandelion Chocolate | Bean to Bar from San Francisco

他にも美味しくするこだわりは、なるべく豆そのものの味が引き出せるように、お砂糖と、カカオ豆の2つの原材料で作るようにしているそうです。

普通のチョコレートには、食べやすい用に、ココアバター粉乳などの乳製品が含まれていますが、「ダンデライオン・チョコレート ファクトリー&カフェ蔵前」のチョコレートには、原材料は、カカオ豆と砂糖のみだそうで、値段は、1枚1,200円だそうです。

そんな、本格派のBean to barチョコレートは、コンビニでも大人気だそうで、それは、「明治 ザ・チョコレート 237円」で、一般的なチョコレートの倍の値段ながら、累計売上は、2,000万個を突破しているそうで、”フレーバービーンズ”と言う香り高いプレミアムカカオ豆を使用していて、コンビニ商品としては、異例のBean to bar製法を取り入れているチョコレートだそうです。

最近の本格派チョコレートは、単一の模様ではなく、見た目から楽しめるものがあるそうで、「明治 ザ・チョコレート」は、4つの異なる形にデザインされています。これは、単なるデザインでは無いそうで、形の異なるチョコは、舌に接する面積により、チョコレートに伝わる温度が変わる為、溶け方が変わり、違った味に感じるそうです。

そして、パッケージも可愛いと評判だそうで、ペーパークラフトにして、SNSに上げる人が続出して、思わぬ反響に、明治の人達もまねをしているそうです。

明治 ザ・チョコレート ベルベットミルク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)