「年末はどのスーパーも特売日と特売品は同じ」 日本人の3割しか知らないこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年12月22日の「日本人の3割しか知らないこと」で、「年末はどのスーパーも特売日と特売品は同じ」 について説明がありました。

ショッピングアドバイザーの今野保さんの話では、スーパーは、正月前は、どのスーパーも特売日と特売品は同じで、鮮度が落ちやすいものを後に売る傾向があり、例えば、12月27日は、調味料や、掃除用品、12月28日は、缶詰や、乾麺などの食料品、12月29日は、野菜、豆腐、納豆、12月30日は、お肉、そして、12月31日は、お魚、お惣菜というのが一般的な売り方だそうです。

その中で一番行った方が良いのは、12月31日で、正月が休業日のスーパーが増加していますが、その場合に、売れ残しをなくす為に、大晦日の夕方以降超特売を行う可能性があり、和牛ステーキや、大トロが、半額になるのは当たり前だそうで、必ずチェックした方が良いそうです。

ポイントがザクザク貯まるクレジットカード8選


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)