「大人用の冷えピタ」と「子ども用の冷えピタ」の違い

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年5月29日のTBSテレビ この差って何ですか?「大人用の冷えピタ」と「子ども用の冷えピタ」の差について、株式会社ライオンの佐久間鹿奈子さんが話されていました。

「大人用の冷えピタ」と「子ども用の冷えピタ」の差は、ジェルに含まれる「メントール」の量に差があるそうです。
メントールは、皮膚の冷たいと感じる神経を刺激する成分で、これが多く含まれていると、より冷たさを感じる事ができる。
ただ、メントールは量が多いと、子どもの敏感な肌につけた時に、ピリピリとした刺激感を感じることがあるため、「子ども用の冷えピタ」は、大人用のメントールの1/3の量にしている。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

冷えピタこども用12+4枚
価格:279円(税込、送料別) (2016/8/18時点)

冷えピタには、0歳から2歳に使えるベビー用があるが、「ベビー用」には、肌に刺激を与えないように「メントール」と「着色料」が入っていない。また、冷えピタは、ジェルに含まれる水分が蒸発する時に、肌の熱を奪う仕組みなので、「メントール」が入っていなくても、ひんやりと感じることができるそうです。

更に、「ベビー用」は、赤ちゃんが口に入れてしまった時、ちゃんと吐き出すように「苦い味」がついているとも言われていました。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ライオン/冷えピタ ベビー用 12枚
価格:700円(税込、送料別) (2016/8/18時点)

ポイントがザクザク貯まるクレジットカード8選


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)