「冷蔵室に入れた方がいい食材」と「チルド室に入れた方がいい食材」の違い

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年5月29日のTBSテレビ この差って何ですか?「冷蔵室に入れた方がいい食材」と「チルド室に入れた方がいい食材」の差について、パナソニック株式会社の平塚慎也さんが話されていました。

「冷蔵室に入れた方がいい食材」と「チルド室に入れた方がいい食材」の差は、「冷蔵室」の温度は、3~6度で、「チルド室」の温度は、0~2度と低く、食品が凍る直前の温度となっているので、傷みやすい食品は、「チルド室」にいれると良い。

「冷蔵室」にいれると良い食材は、マヨネーズ、ケチャップ、生米、ヨーグルト、こんにゃく、ケーキ、ジャム、豆腐、ゼリーなどで、野菜は、乾燥にとても弱いので、チルド室だと直接冷気を受け、乾燥しやすくなってしまうので、野菜は、野菜室に保存して頂くのが、おすすめです。

「チルド室」にいれると良い食材は、うどん、キムチ、ちくわ、バター、納豆、チーズなどで、納豆、キムチは、低い温度の方が発酵を抑えられるので良い。チーズ、バター、ちくわ、うどんは、加工食品だが実は傷みやすいので、チルド室の方が「鮮度」が保てます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)