「今食べるべきレトルトカレーランキング」 王様のブランチ

2017年2月11日の王様のブランチで、「今食べるべきレトルトカレーランキング」が紹介されていました。

2月12日はレトルトカレーの日で、1968年2月12日に世界初の市販用レトルトカレーとして、ボンカレーが発売された日です。
今や日本には、レトルトカレーは、全国に2000種以上あり、お店の味にも引けを取らないものも増えているそうで、お湯で3分温めるだけで食べられるレトルトカレーは、今では箱ごとレンジで1分40秒チンするだけで食べられるまでに進化しているとの事です。

2017年2月13日にはボンカレーの新商品が販売されるそうで、
●ボンカレーネオ 鹿児島産黒豚 ポークカレー中辛
お肉にこだわったラインナップの、鹿児島県産の黒豚を使ったポークカレーです。
店内全商品ポイント10倍〜大塚食品 ボンカレー ネオ 鹿児島産黒豚 ポークカレー 中辛 (230g)

●ボンカレーネオ 徳島産阿波尾鶏 チキンカレー辛口
辛党の方には、徳島県産の阿波尾鶏を使った辛口チキンカレーが登場します。
店内全商品ポイント10倍〜大塚食品 ボンカレー ネオ 徳島産阿波尾鶏 チキンカレー 辛口 (220g)

カレー研究家のスパイシー丸山さんは、カレーを1週間で、10食以上、年間600食は、カレーを食べるそうで、今回は、スパイシー丸山さんが選ぶ、2,000種類以上の中から厳選した、本当に美味しいレトルトカレーランキングを発表していました。

1位 「濃厚バターチキン」 新宿中村屋 356円
新宿中村屋は、1927年に日本ではじめて、本格インドカレーを提供したという老舗中の老舗で、伝統の味をレトルトで表現したそうです。
新宿中村屋の濃厚バターチキンは、迫力の骨付きグリルチキンがごろりと入っている魅惑の一品です。
新宿中村屋 インドカリー 濃厚バターチキン(180g)【中村屋】

2位 「タイカレー グリーン」  ヤマモリ 356円
これは、タイにある工場で、現地の食材で作った本場のタイカレーで、現地のタイの味が楽しめるレトルトカレーだそうです。

一番のこだわりはハーブで、フレッシュなものを厳選し、その日に仕入れたものしか使わないので、袋をあけた瞬間に香りが広がります。
香りだけでなく、手作業で仕込むというゴロゴロ入った具材や、味ももちろん絶品で、青唐辛子と、ココナッツミルクの相乗効果で、辛味とマイルドさが、上手に中和されて美味しさがうまれているそうです。
ヤマモリ タイカレー グリーン 180g

3位「ケララフィッシュ」 にしきや 383円
にしきやは知る人ぞ知るレトルト食品専門メーカーで、レトルト食品だけで100種類以上あり、レトルトカレーだけで、62種類を販売しているそうです。
にしきや自由が丘店は、自由が丘から徒歩5分のところにあり、にしきやの商品は、スーパーマーケットなどでは、見かける事は少ないかもしれませんが、自由が丘と二子玉川にある直営店があるそうで、インターネットでも購入可能です。

南インドのケララ州の名物の魚を使ったフィッシュカレーで、ベースはココナッツミルクです。お店にかなり近いクオリティで、南インドで料理の隠し味的に使われるタマリンドと呼ばれる植物の酸味と、よく煮込まれたメカジキから出た、魚の濃厚な旨みが特長だそうで、まろやかで、美味しさとの事です。

スパイシー丸山さんのオススメは、ライスにレモン果汁を絞ると、さらに美味しさがアップするそうです。
にしきや 17 ケララフィッシュ 100g(1人前)

4位 「スープカリーの匠」北海道産チキンの濃厚スープカレー ハウス 540円
スープカリーのゴロゴロ具材を再現、スープカリーの名店「札幌らっきょ」の井手シェフが監修を勤めた商品で、牛豚鳥のトリプルブイヨンスープで、うま味が凝縮されていて、具材には、丸ごと1個のゆで卵、北海道産チキン、じゃがいも、にんじんなどが入っています。
スッキリとしたスープですが、パンチのある旨み、スパイスの香り、そして、大きな具材が、これぞスープカレーだそうです。
【テレビで話題】ハウス スープカリーの匠 北海道産チキンの濃厚スープカレー 360g 札幌スープカレー専門店「らっきょ」オーナー井手氏監修の、お湯で温めるレトルトタイプの本格スープカレー( 4902402865828 )※無くなり次第終了

5位 「10のスパイスが香るビーフカレー」 ファミリーマート 358円
今、コンビニのカレーが物凄く進化していて、こちらの商品は要冷蔵のチルドですが、湯煎で温めて食べる点では、他のレトルトカレーと一緒です。
ゴロゴロっと流れ出てくる迫力のかたまり肉の量は、50グラムオーバーで、見た目の贅沢感だけでなく味わいも一級品だそうです。
スパイシーさよりも、ブイヨンの旨みを活かした王道の欧風ビーフカレー、豪華さと完成度は、コンビニで買えるレベルを遥かに超越した一品だそうです。
10のスパイスが香るビーフカレー |商品情報|ファミリーマート

6位 「マッサマンカレー」  肉のハナマサ 375円
マッサマンカレーは、タイカレーの一種で、世界一美味しい料理とも呼ばれる一品で、濃厚でピリ辛な味わいに、ピーナッツ風味で、エスニック好きなら絶対に好きになるカレーで、1袋450g(2から3人分)のボリュームで、チキンとじゃがいもがゴロゴロ入ったカレーだそうです。
マッサマンカレー/450g :4984352530711:animo – 通販 – Yahoo!ショッピング

7位 「ほうれん草と生クリームのサグダールカレー」 SEIYU 162円
こちらは、一般消費者70%以上の高評価を得たもののみを、商品化される西友のオリジナルブランドで、このカレーは消費者テスト支持率96.2%と、脅威の数字を得た究極の商品だそうです。
柔らかいほうれん草ペーストに、ほっこりとした、ひよこ豆の美味しさが絡みつく、とっても美味しいレトルトカレーだそうです。
西友オリジナル みなさまのお墨付き ほうれん草と生クリームのサグダールカレー 180g(1人前) – SEIYUドットコム【ネットスーパー】

8位 「オリジナル キーマカレー」 カルディコーヒーファーム 286円
海外輸入食品で有名なカルディコーヒーファームですが、オリジナルのレトルトカレーも人気で、キーマカレーは、色々な会社から出ていますが、ここまでしっかりとした肉感を楽しめるキーマカレーは、他にはないそうです。
細かめの鶏挽き肉がタップリ入っていて、たまねぎの甘味、トマトの酸味、しょうがの風味がバランスのよい本格派です。
カルディオリジナル インドカレー キーマカレー 180g

9位 「チャナマサラ」 無印良品 350円
美味しいと評判の、無印良品のバターチキンカレーは年間250万個売り上げる大人気商品ですが、スパイシー丸山さんのオススメは、チャナマサラで、チャナマサラはひよこ豆をトマトソースで煮込み、野菜の旨みとスパイスの風味を活かしたカレーで、豆がタップリで食べごたえがあります。
素材を生かしたカレー チャナマサラ 100g(1人前) | 無印良品ネットストア

10位 「デミグラスなカレー」 ローソンストア100 108円
一袋、108円とは思えないクオリティで、コスパ最強のレトルトカレーだそうで、デミグラスの味とカカオマスのビターなアクセントもGOODで、からさは控えめなので、お子様でも安心のマイルド系かれーとの事です。
デミグラスなカレー | バリューライン | 商品・おトク情報 | ローソンストア100~生鮮・100円・くらし支えるストア~


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)