「ペットボトルのジュースを凍らせても美味しく飲む方法」 ソレダメ!あなたの常識は非常識!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年7月19日の「ソレダメ!?あなたの常識は非常識!?」で、「ペットボトルのジュースを凍らせても美味しく飲む方法」 について説明がありました。

ペットボトルを凍らせてしまうと、飲みたい時に、凍っていて飲めない事や、飲めると思ったら、味が薄くて美味しくない事もあると思いますが、凍ったまま美味しく飲める方法は、ペットボトルを凍らせる時は、普通に凍らせるのではなく、ペットボトル半分だけジュースを残し、斜めに凍らせてから、残り半分のジュースを戻せば、美味しく飲めるそうです。

全国で理科の実験教室を開いている、理科教育研究フォーラム代表の松延康さんの話では、ペットボトルを斜めにして凍らせると、氷の表面積が大きくなるので、大きな面積で、ジュースを冷やすので、すぐに冷えて、冷たさを保つ事ができるそうです。

しかも、縦に置いた状態で、飲み物を凍らせると、水分が先に凍るので、果汁や砂糖などが中心に集められて、外側の味が薄くなってしまいます。しかし、斜めに凍らせると、凍ってできた水だけの部分も少なくなるので、味の薄さが気にならなくなるそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)