「スーパーの鮮度は、もやしと鶏ひき肉を見ればわかる?」 ホンマでっか!?TV

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年11月1日の「ホンマでっか!?TV」で、「スーパーの鮮度は、もやしと鶏ひき肉を見ればわかる?」 について説明がありました。

節約アドバイザー和田由貴さんの話では、もやしと鶏ひき肉を見れば、スーパー全体の商品の鮮度が分かるそうで、野菜の中でも、もやしはすぐに傷みやすいため、鮮度の良いもやしが入っている場合は、良いスーパーだそうです。

もやしの鮮度を見る方法は、もやしの袋を手の上に立てて、きちんと立てば、新しいもやしで、倒れてしまう場合は、古くなったもやしだそうです。

お肉は、細かく切れば切るほど、傷みが早くなるので、ブロック肉よりも、小間切れの肉の方が傷みやすく、そして、鶏ひき肉が最も傷みやすいため、鶏ひき肉で、ドリップが少ないかなどを確認すると良いそうです。

お肉の陳列棚は、特殊な蛍光灯が点いていて、色が鮮やかに見える様になっているので、必ず、棚から出して、通路の蛍光灯で、肉の色を確認した方が良いとの事です。

ポイントがザクザク貯まるクレジットカード8選


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)