「サンマの鮮度確認方法」 日本人の3割しか知らないこと

2016年10月20日の「日本人の3割しか知らないこと」で、「サンマの鮮度確認方法」について説明がありました。

サンマは、口の先がより黄色いと、鮮度が良いと言われますが、サンマは、持つだけで鮮度がわかるそうで、魚は、死ぬと、筋肉を動かす物質が減っていくので、尾を持って縦にして、角度を見ると、鮮度がわかるそうで、約45度の場合は、新鮮なので、お刺身でも食べられますが、約120度位までの場合は、焼き魚にした方が良いそうで、そして、ペタンとなる場合は、捨てた方が良いそうです。

サンマは、塩を振っただけで、そのまま焼くと、表面が汚くなってしまいますが、皮に酢を塗るだけで、皮の焼き上がりが、プロの焼き上がりになり、綺麗になります。更に、網から剥がす時も、酢の影響で、綺麗に取れるそうです。

イトーヨーカドーのネット通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)