「イタリア産のトマト缶の多くが中国産のトマト」 林先生が驚く初耳学!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年6月11日の「林先生が驚く初耳学!」で、「イタリア産のトマト缶の多くが中国産のトマト」 について説明がありました。

イタリア産のトマト缶の多くが、中国産のトマトをイタリアで加工しているそうで、中国が、巨大なトマトの産地で、それをイタリアが仕入れていて、加工地さえイタリアであれば、イタリア産と書いても良いそうです。

実は、EU諸国では、原産国を表示する義務は無く、表示されているのは、最終的に加工した国名だけだそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)