「つくねとつみれの違い」 この差ってなんですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年2月21日の「この差ってなんですか?」で、「つくねとつみれの違い」 について説明がありました。

つくねの作り方は、手でこねて丸めるて作ります。この手でこねて丸める事を、「つくねる」と言い、丸めていくと、つくねができます。
つまり、手でこねて丸めた物がつくねと呼ばれます。

つみれの作り方は、使用する材料は、つくねと同じですが、生地の中から、適度な分量を、手でつみとります。
その手で摘み取った材料を、そのまま鍋の中に入れます。この摘み取って入れる事を、つみれと呼ぶそうです。

その為、材料がイワシの場合には、つみとって入れたら、イワシのつみれと呼び、手でこねてまるめたら、イワシのつくねになります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)